自分に合うドレスの色~パーソナルカラーって??~

似合う色は大まかに分けて4つに分類される

パーソナルカラーは、肌の色や髪の色、頬や唇の赤み、目の色などからその人に合う色を提案することです。人間の肌は、人種や色に関係なく、4つのパーソナルカラーに分かれます。黄みを帯びた色が似合うイエローベース、青みを帯びた色が似合うブルーベースの2つに分けたのち、更に特徴を見極めて2種類ずつのイエローベースとブルーベースに分けます。4種類を四季になぞらえて、季節の名前で呼びます。
イエローベースに属するのは、春と秋の特徴を持った人で、柔らかい新芽やポピーなどのブライトカラーが似合えば春、実りの秋に相応しいゴールドのような豪華な色調が似合うのが秋になります。ブルーベースは、夏と冬で、あじさいのような夏の花や、柔らかい雲や空色のようなパステルカラーが似合うのが夏、寒い時期のはっきりした空の色やポインセチアのようなビビッドカラーや、雪や冬の夜空に見られるような白や黒のモノトーンが似合うのが冬となります。

晴れの日に魅力的に見えるように

ウェディングドレスを選ぶ際には、パーソナルカラーを取り入れるといいでしょう。自分に特徴に合った色を選べば、肌が輝いて、より魅力的に見えます。晴れの日にはぴったりです。色を判定するには、スカーフ大の大きさで顔の下に置いて判定しますので、似合う色と他の色の違いが分かりやすいでしょう。
真っ白なドレスが似合うのは冬タイプです。春や秋であれば、青ざめて見えますので、春であれば、少し黄みが入った優しい色合いが似合います。秋であれば、ゴールド等の刺しゅうをあしらった物も良いでしょう。夏の場合は、色が強すぎてぼやけてしまうので、純白よりもオフホワイトのように少しグレーがかった方が素敵に見えます。白いドレスでも差が出るのです。
人によっては、2つのタイプの特徴を持つ方もいて、異なったベースの色が似合う方もいます。近年では更に細分化させ、2番目に似合うセカンドカラーを決めるパーソナルカラーの手法も出てきました。

結婚披露宴で着用するカラードレスは、自分の顔が引き立つ色味を選ぶ必要があり、さらに体型に合わせたデザインも含めて絞り込みをかけていきます。