着たいドレスと似合うドレス

あこがれの花嫁衣装選び

女性にとっては、花嫁衣装でもあるウェディングドレスに対して子供の頃から憧れを持っていたという人も多く、結婚式では自分が思い描いていたデザインのドレスに挑戦してみたいと思ってしまうものです。しかし、実際に着てみたら思っていたイメージと違ったということもあるものです。また、自分では気に入ったとしても他の人から見たら似合っていないと思われるケースもあるので、美しい花嫁になるためには着たいドレスよりも似合うドレス選びが重要になってきます。
ウェディングドレスを試着する時には、家族や友人も一緒に行ってもらって正直な感想を聞く必要があります。また、衣装室のスタッフからの意見も客観的な視線で見てもらうことができるので役立ちます。

自分の体型を理解して選ぶ

ウェディングドレス選びでは、雰囲気や形で自分に似合うものを探す必要があります。
雰囲気では、大人っぽさ、かわいらしさ、シンプル、ゴージャス、クラシックなどがあり、年齢によっても似合うものが違ってきます。また、形では体型によってもベストなものが違うことになります。今日では、日本人の体型に合わせたドレスも用意されているのですが、基本的には洋装になるので外国の人の体型に合わせて作られていることになります。そのために、体型によってはバストにボリュームが足りなかったり、スタイルが悪く見えてしまうこともあります。身長や首の長さ、太さなどの自分の体型を把握することからウェディングドレス選びを始める必要があります。